最近のトラックバック

旅行・地域

GW 後半 part3

GW後半は水戸へ小旅行
自転車であちこち廻ったあと、いったん自転車を駅で返却
バスに乗って 水戸美術館へ
建築家の藤森照信展が目当てです
近づくと、鉄骨のタワーが 100メートルあるそうだけどそれよりは低く思えるかな
高層ビルを見慣れているせいか

1494052077564

中に入ってみる事に
エレベーターで上まで上がれます
無機質な鉄骨だけれど、小さい窓があっていろいろな方向の眺望が楽しめます
そして、藤森照信展へ
独創的な建築 素材もユニークで展覧会としてはとっても楽しめる内容です
木や土や草や藁や 自然素材は高くつくそうですが、現地で調達すると少しは安価になるそうです 細かい設計図 泊まってたホテルの便せんやメモ アイデア思いつく度にさっさっと描いておられるのかしら ドラフト含めたくさん展示ありそれを見るのも面白い

Img_20170505_170340

多治見のモザイクタイルミュージアムは娘が建築サークルで見てきたそう
写真見せてもらった時にこれ何?ユニークと思ってしまった私
茶室も多く設計されていて、細川元首相の茶室の写真も
なんだか、耐震大丈夫?とかいろいろ心配してしまうけど、、
でもしっかり建っています、確かに~
 

Img_20170505_170358

Img_20170505_162048

近江八幡に(バウムクーヘンや和菓子で有名な)たねや総合販売場、本社屋も設計されたとか。

Img_20170505_161458

Img_20170505_161402

あのかわいい包装紙やお菓子のオブジェも展示があり、その奥では、無料のカフェもあり、建築の写真集や雑誌、本などじっくりと読めるフリースペースも
この時間とっても良い時間となりました
私は桂離宮の写真集をぺらぺらと
まだ行った事ないので、宮内庁ホームページでまた予約したいなーと
翌日は大洗へ
水戸から鹿島臨海鉄道に乗ります
スイカは使えないー別途切符購入の必要ありです
大洗にはめんたいパークやアウトレットもあります
明太子の試食、ぷりぷりとしてとっても美味でした~
 
なんだか町おこしで、アニメのパネルが展示してあるお店多く、その関係の方もたくさんいらして盛り上がってました
食事スペースも集まっていて、海の幸が串にさしてあり、貝などと一緒に選んで、自分で焼くスタイルのお店カキ小屋と海の幸が堪能できる回転ずしと両方行ったので
ちょっと食べすぎー 今の季節で限界かな?ちょっと焼きながら食べるのは夏はどうかな?
貝とてもおいしいし、生ガキも大きいし~とってもにぎわってました
前のお店は行列 大洗漁協かあちゃんの店 こちらも次回は行ってみたいなー
そしてまた電車乗って水戸へ
水戸でお土産物買って駅ビルで休憩してまた特急ひたちで東京へ
ちょっと食べすぎましたが、体力的にもちょうどよく、良き旅となりました
 

GW 後半 part2

GW後半は水戸へ小旅行
水戸駅でレンタサイクル(1日 500円 安い!)をして
まずは弘道館

1494051888504

1494051895001

水戸藩の藩校で、江戸時代の総合大学という位置づけ
施設は立派でその建物が持つ空気感というのは大事だなと、気持ちが凛とする
そしてランチは特に下調べせずに途中でふらりと立ち寄った
魚誠 海鮮丼をいただいたけれど、このコスパが凄かった
10種類くらいのお刺身、どんぶりに載せるのも技がいるほど
小鉢やお味噌汁もついて ¥900 大満足~
偕楽園
梅で有名だが、つつじも見事なもの
3階建ての好文亭からの眺望 見晴らしがよい

1494051979613

1494052059714

1494052014354

1494052179130

是非梅の季節にも来たいなと、これもこれも梅?梅の数の多い事
さぞかし見事かと…
徳川斉昭はこの高台の偕楽園と千波湖を含め造園構想をしたとか
何ともダイナミックな構想 
湖畔を自転車で 黒鳥もぷっかりと浮かんでた のどかな時間~
来てみないと良さはわからない
ひょんな事から行先を決めたけれど、いい旅行になったと満足
天気の良さもあり
人出も多くなく、ストレスなしで行きたい所に行ける
気持ちがフラットになりすがすがしい
考えると、結構東京での生活は人混みであれこれとストレス受けているのかもと

GW 後半 part1

4月からのNHKの朝ドラ’ひよっこ’は奥茨城が舞台で始まりました
主人公は自分の世代よりも少し上ですが、昭和の時代が描かれており、
懐かしさもあり、脚本もよく、15分の中で毎日うまく惹きつけるポイントもあり楽しく観ています
農家の暮らしは知らない事も多く、細かい所まで描かれており、見入ってしまいます
今朝のセリフは良かった~
でも、ちゃんとがんばって毎日を過ごさないといい事はやってこない
神様がいるかどうか知らないし、いたとしても、本当にみんなの事平等に見ているのかなーと思うけどでもちゃんとがんばってないと神様は気づいてくれない 私が神様だったら辛い事あってもがんばってる人に幸せをあげないなーとおもうしね……
何気ない言葉ですが、私の心に響きました 朝観て、さあーがんばろうって気持ちになります。私は結構単純
この物語は家族がお父さんをほんと大事にしていて、家人は大変うらやましがってます。
ちょっと反省。本当は私が持ち上げないといけないのですが、子供たちももう冷静な目を持って判断できる年だし、そこは家人ががんばっていただかないとーとも思う訳で…
さて、前置きが長くなりましたが、そんな茨木弁が聞ける場所へGWはでかけました
実はお出かけは北東と決めていました
祐気取りで開運できたら良いなと
九紫火星の家人と私、5月の土用が終わると北東方向への旅が良いと聞いたもので
 
土用中はなるべく移動は避けた方がよいともいわれ
土用は本来は土いじりをしてはいけない時期、家をさわったり、家電買ったり、契約したりも避けた方が良いとか
(私の大好きな番組NHKBSの京都人の密かな愉しみ でも土用が扱われていました
びっくり!)
結果は半年後など後になって身体にでてくるとか
でもそんな事知らない時期はGWはばんばん旅行したましたしねー
 
本当は引っ越しするのがいいのですが、ちょっとそれも叶わず
海外旅行の方が距離が長くてよいのですがそれも叶わず
で、水戸への旅行となりました
東京駅から特急ひたちで水戸へ
この特急とっても乗り心地よかったです シートもよいし 施設も最新っぽく
1時間で水戸に着きますが、もう少し乗っておきたかった
私結構鉄道好きです 時刻表みてあちこち旅を思い描く
鉄子ではないですが、青春18きっぷなどでの旅行もしたり
荷物さえなければ、車よりも鉄道の方が楽しいな~と
長くなりましたので、旅の詳細はまた~
 

日光金谷ホテル

旅行、昨年は思い切って海外へ
今年はとっても近場へ

以前から宿泊してみたいと思っていたクラシックホテルへ
日光の 金谷ホテル

日光と言えば、娘が初めて歩いた場所で…
日光に宿泊していたホテルで初めてひょっこりと歩いたのを思い出し
それから、ずっと走り回ってる感じの娘
この夏もいろんなバイトして、後半は関西や東北へ旅行の予定らしい

さて、7月末に日光を訪れた時は
東京はとっても暑い日々
日光に近くなるにつれ涼しくなりかなり喜んでいたものの
ホテルに着くなり雷雨

2015nikkou02

2015nikkou03

2015nikkou05

栃木のこの辺りはほんと雷雨が多い場所らしく
またまた雨女パワー発揮?と思っていたらまあ、場所的には当たり前の事と知り
ほっとするやら
それ程むし暑くなく傘をさしながら東照宮参拝

ニッコウキスゲを見ようと高原へ
こちらはかなり強い雨だったので残念

主人はじっと私をにらみ
まあよくある事だからすぐにあきらめの表情に…

旅行で晴天を
あまり期待せずに行ったらそれなりには楽しめる

クラシカルホテルは
さぞかしメンテナンスが大変だろうなと思いつつ
水回りなどは最新のものが入っていたり
全体の調和を考えながら客室やレストランの保存改修は
その想いが伝わり何だかとってもありがたい気持ちになって
しばしゆったりとした時間を過ごした

レストランのサービス
さりげなく、それでいてプロの身のこなし方に
感心 もちろん お料理も満足
主人はお肉を食べないので、2人それぞれ別メニューを選べるのが
ホテル選びのポイント

主人はニジマスを堪能

翌日は中禅寺湖に イタリア大使の別荘を見学
シニアのご夫妻で結構賑わっていました
派手さないものの、自然に調和し、開放感のある
レーモンド建築をしばし見学
のんびり散策にはおススメ

2015nikkou08

2015nikkou06

鎌倉グルメ

鎌倉では
早めのお昼 小町通り入ってすぐ 懐石 秋本

平日だというのに人気店はお昼はぞくぞくと席が埋まる
お会計の時にちらりとのぞくともう列ができていた

鎌倉野菜のてんぷら これは何の野菜だろうって言いながら
美味しくいただいた天ぷらにすると野菜は不思議に甘みが出る
山菜のほろ苦さもとってもいい

あいにく 時化で生しらすは入荷なしで釜揚げ
釜揚げは甘みがあって美味しかった

2015kamakura6

2015kamakura7

2015kamakura8

小町通りではちょこちょこと食べ歩きできる
そこをぐっと我慢して

長谷寺へ

なみへい というレトロな雰囲気のお店で タイ焼き

2015kamakura10

2015kamakura9

お茶は ベルグフェルド 長谷店

神戸のフロインドリーブと似ている味わいのパン

ドイツパンだからかしら?トーストセットやケーキセットを注文
トースト 美味しい そして安い
一枚板の素敵なテーブルや
天井のはりや少しトーンを抑えた照明で
落ち着く しばし休憩

お土産は鶴岡八幡宮の参道の
紅谷 くるみっこ を購入
前回夕方に訪れた時は売りきれだったので今回はしっかりゲット

そしてまた江ノ電でゆっくりと帰宅
平日ゆっくり 多分土日はこれから花の時期となるし
混みあうんだろうなと
またできればゆっくりと訪れたい

房総の宿

房総半島 どこに泊まりましょう ネットで検索

2015bousou32

2015bousou15

2015bousou28

2015bousou17

2015bousou18

2015bousou19

2015bousou20

2015bousou21

元内閣総理大臣・鳩山一郎氏の別邸をリニューアルした「鳩山荘松庵」をセレクト

窓からは富士山が望める(写真ではうっすらですが
綺麗に見えましたよ)

新しくはないものの自然にマッチした佇まい
お料理も十分なものでした

ラウンジでは珈琲やワインのサービス

2015bousou25

私がよくカルディで買う LOTUS サブレ(クッキー)も置いてあり
ほっこりできました

何と 食後にいなり寿司をお部屋へお持ち下さい お夜食に~と

2015bousou22

翌日は金魚草の花摘み

1週間経ちますが
まだお花は綺麗に咲いています

Kingyosou

続きを読む "房総の宿" »

房総へ

2月は寒さとの闘い

2015snow3

雪も降りました

関東圏でちょっと暖かめエリアへ旅行へ行く事に

結婚後2年続けて旅行したエリアなので懐かしさでセレクト
娘はバレンタインチョコ販売のバイトを終え
最後の片づけで大層疲れたらしく
でも、私に付いてくると美味しいもの食べれるとその一点で
旅行について来た

息子は家族と一緒の行動なんてとんでもない
勿論お留守番
ホントは、免許取得したので練習の為に
一緒に来ればいいのにーとも思ったが
本人にその気がないので仕方なし

車で都内をスルー
渋谷や六本木 お台場と首都高利用すると
やはり何とビルの多い事か
娘は見るとこれどこのビルと説明してくれる
私よりも毎日都内へ出ているのでかなり詳しい

そして海ほたるへ
海へぽかんと浮いた感じのパーキング
娘はスタバで桜バージョンの珈琲を注文
しばし休憩
房総情報のパンフレットゲット

車の中では、途中トンネルの工事の仕方
主人と娘がいろいろ話してる
掘っていくのと箱を埋めるのと

そしていくつもの橋
これは〇〇橋よーと主人も結構詳しいので
土木系の話(笑)

まあ娘はいわゆる’どぼじょ’の学科なので
ぼーっと景色を見ている私とは違って
観方が違うんだろうけど

旅行なのに そんなん考えたら疲れるやん とは思うけど
まあ性分なので仕方なし

私はひたすら検索してどこで食事する??

そしてかなりお昼を過ぎて千倉に到着
ネットで調べたのでやはり列ができている
30分位待って入店

2015bousou5

2015bousou4

2015bousou1

2015bousou2

やっと海の幸にありつけました

シテ島&カルチェラタン散策

更新が滞ってます

息子は明日から免許合宿
娘は大学の測量実習中

入れ替わり立ち代りといったところ

さてさてフランス旅行後半…

ミュージアムパス二日券をしっかりと満喫して
翌日もパスはないものの観光

シテ島のサント・シャペル
ゴシックの宝石と呼ばれるだけあって
空高くそびえ上に上にという印象
ステンドグラス これ見事です
しばし時間を忘れ見入ってしまいました

Dscf1301_r

Dscf1304_r

Dscf1298_r


パンテオン
フランスの偉人が地下の霊廟で眠っているという
そして物理学者フーコーが振り子の実験をした場所
主人は楽しみに出かけたものの
タワーの部分が工事中だったのでちょっと残念

Dscf1329_r

そしてサンジェルマンデプレ を散策
カフェやレストラン ショッピングスポット
にぎやかです

何とツールドフランスのゴール
見ている時に見かけた大道芸人
サッカーのリフティングをして周りを惹きつけていた
お兄さん

このサンジェルマンデプレでも発見
あっちこっちでやってるんだー

洗練されたきれいめショップや雑貨屋さん
あれこれ目移りするスポットでした

さてさて 残るはあと1日の観光を残すのみ
印象的だったのは
旅行に出かける前には全然ノーマークだった

シャルトル & サントシャペル

見事なステンドグラス 心惹きつけられました
特にシャルトルはオプショナルツアーがモンサンミッシェルメインだと
思っていたのに途中で寄ってくれたシャルトルがあまりに素敵で
私の中ではお腹いっぱい状態
気持ちを満たしてくれた建造物となりました
やはり旅行は出かけてみたいとわからない
その場でどんな感動が待っているか 素敵な建築との出会いが
あり大満足でした

まだまだパリには魅力がありそうです
うーんあと一日か~と寂しくなったのでした

使えるミュージアムパス

続きをと思いつつ
お盆休みになると主婦はどうもパソコンの前にずっしりと
座る時間がなく…

息子は実家へ
高校時代の友達や祖父母、従弟に会いに出かけ

娘は東北へ
古民家再生のお手伝いのボランティアへ出かけ

出たり入ったりばたばたと
そして今日家族全員揃いましたが
予定はばらばら バイトや美容院、食事と
それぞれにまた外出して行きます

頭をちょっと前回のブログに戻すと

二日目 書き忘れていました
ツールドフランスのゴールを見る前
午前中はモンマルトルの丘へでかけました
小高い丘?
結構階段のぼりました
朝早かったのでまだ暑くはなく
とりあえず私の体力でも大丈夫
プチトランも走っていて
あれに乗れば楽だったかもー
おかげで眺望よし

サクレクール寺院
三つのドームが特徴で
ダイナミックな印象

そして周りの街並みが何ともいい
ブティックやカフェ
のんびりした感じで
フラゴナール(香水)のショップで
いろいろと楽しい小物を見たり
お土産物やさんでしばし時間を過ごしたり
ちょっとこの辺りの方が安いかも~

そして3日目 4日目

ミュージアムパス 2日券を日本で購入していって
美術館めぐり
ミュージアムパス優先窓口もあり
チケットの列に並ばないでいいのでかなり有効

国鉄SNCF サンラザールから乗ってRIVE DROITE

Dscf1097_r

ヴェルサイユ宮殿へ
オープン30分前には到着
200人は並んでいた

ヴェルサイユのばら
のストーリーを思い出し
あの場面はここねーと
想像以上の豪華さに感動

Dscf1031_r

プチトランに乗ってお庭やプチトリアノン宮をちらっと見て

そしてその日は何とオルセー美術館、凱旋門へ
ちょっと欲張りすぎで帰りはへとへと

凱旋門はらせん階段を登ったのがかなりきつかった けど
眺めは感動
パリが放射線上の構造になっているのを再確認
東西南北それぞれにランドマークがあるので
なかなかじっくりと楽しめる
やはりシャンゼリゼ通りは華やかー

Dscf1128_r

オルセー美術館の印象派の絵画の多さに
改めて驚き
自由に見る為カフェで主人と待ち合わせ
カフェカンパナ 海底二万マイルにインスパイヤーされたもの
らしい 斬新
残念ながら東京でのオルセー美術館展に
一部行ってるみたい(笑)

そして翌日は
ルーブル美術館、オランジュリー美術館、ノートルダム寺院

ルーブルはまたまた開館30分前には到着
ガラスのピラミッド 二つ列があるので
ミュージアムパス優先列を確認

Dscf1220_r

入ってすぐエレベーターでモナリザへ
始めはゆっくり見ていたけれどみるみるうちに
とんでもない人混みとなる
あらかじめどれを見るかセレクトしないと
全ては見れないので作戦を立てる

オランジュリーではモネの睡蓮を満喫

そしてコンシェルジュリ→サントシャペル
サントシャペルはぎりぎり閉館前

Dscf1307_r


マリーアントワネットが収監されたコンシェルジュリ
それはそれはおどろおどろしい雰囲気
悲しい歴史を含めてその建築を鑑賞

ミュージアムパス 満喫したが少々ハードなスケジュール
でも見たいものは全てクリア
涼しかったからよかったものの
これで暑かったら大変でした

次回は食事スイーツについて少し書ければ…と思ってます


黒糖まんじゅう

東京で原宿 渋谷とショッピングに
途中大粒の雨が降ってきました
ある意味お決まり~雨女の私は動じません

渋谷ではヒカリエに始めて出かけました
いわゆるありがちな商業施設ではなく
入っているお店も個性的なお店もあり
新鮮で結構楽しめました

雑貨のお店では家族それぞれ見るポイントが違うので
長居をしてしまって…

地下ではお留守番の息子に和菓子を
お土産ものの和菓子でなくデパ地下の和菓子は
やはり美味しい~ 旅行最終日に買うのなら賞味期限も問題ない

銀座松濤の黒糖まんじゅう 甘さもよく黒糖の味がきいていておススメです

Dcim0234

Dcim0235

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ